目元ケアで差がつく見た目年齢|しわの大敵紫外線をカット

女の人

しつこいにきびの悩み

スキンケア

ニキビに悩んでいる人は多くいます。しかしニキビは治ってからも跡になることがあるので厄介です。ニキビ跡にはいろいろあります。赤みが残るニキビや茶色くシミのように残った跡、またデコボコとクレーターのように肌に残るタイプと3つのタイプに分けられます。ニキビ跡にあわせたケアを行ない改善しましょう。ニキビ跡は病院に行かなくても自宅で改善することが可能です。赤みがあるニキビ跡に大切なのはターンオーバーを正常に行なわせることです。通常、肌は決まった周期でターンオーバーし生まれ変わりますが、赤みが残る人は肌が上手く生まれ変われていないと考えられます。これを改善するためには、生活を見直してターンオーバーの周期を整える必要があります。そのためには睡眠をきちんととること、また食生活も大切です。バランスのよい食事を心がけ、肌に良いビタミンやタンパク質をすすんで摂取するようにしましょう。良質な睡眠やバランスのとれた食事は肌だけじゃなく体にも良いことです。茶色いしみのようなニキビ跡の原因は色素沈着と日焼けによるものです。メラニンが肌に残って色素沈着してしまったものが跡となります。またニキビ跡への紫外線も原因です。そのため紫外線対策をきちんと行なうことと、ビタミンC誘導体が多く使われている化粧品を使用することが有効です。クレーターになったニキビ跡はニキビを潰したことにより、肌の皮膚組織までダメージが与えられた状態です。これが原因でなかなかデコボコを自分で消すことは難しいといわれています。クレーター肌用の化粧品もありますので使ってみて効果が出ない場合にはピーリングや美容整形外科での治療も検討してみましょう。